基本的な考え方

マルハニチログループでは、企業の持続的発展を実現し、従業員の生活安定を図るためには、良好な労使関係の維持・向上が前提にあると考えています。

労使協議を通じた良好な労使関係の維持・向上

マルハニチロ(株)では、経営課題や生産性向上の諸課題、組合員の労働条件や総合福祉について、労使が共通の認識に立ち、双方の立場を尊重するために、マルハニチロユニオンと「労使協議制」を導入しています。

2020年度は、26回の労使協議を実施しました。

労使協議におけるテーマと実施状況

マルハニチロ(株)では2020年度、労使協議にて主に以下のようなテーマを重点的に取り扱い、各テーマを着実に実現しています。

  • 在宅勤務制度、コアタイムなしフレックスタイム勤務制度新設
  • 夕張工場閉鎖
  • 春闘

ページ上部へ