基本的な考え方

マルハニチログループの事業は、調達から生産・加工、販売まで独自のバリューチェーンで成り立っています。地球温暖化が事業活動に及ぼすリスクとして、水産物の漁場移動や農作物の産地移動、生態系の破壊による水産資源の枯渇を認識しています。こうしたリスクへの対応策として、効率的なエネルギー利用や設備投資を通じてCO2排出低減に努めます。

サステナビリティ中期経営計画

重点課題地球温暖化対策

中期目標 行動計画
CO2排出量を削減
2021年度までにCO2排出量を売上高原単位で2017年度比4%以上削減
• 省エネルギー設備の増強
• エネルギー効率の改善
• ノンフロン冷凍機への転換
• 電気使用量の削減
• 重油・ガス使用量の削減

詳細情報はこちらから

サステナビリティ中期経営計画では、「地球温暖化対策」を重点課題のひとつとし、「2021年度までに売上高原単位で2017年度比4%以上削減」することをCO2排出量の削減目標に掲げています。この削減目標は、2020年以降の世界的な温室効果ガス削減目標を定めたパリ協定で日本が示した「約束草案」における産業部門の削減目標、および省エネ法における削減目標を勘案し、さらに2020年以降の世界的な規制強化の可能性も加味して設定しています。新たな省エネ設備の導入やエネルギー効率の改善、ノンフロン冷凍機への転換など、環境投資を積極的に進めていきます。

目標の達成状況

2019年度、マルハニチログループ(国内)では、各社ごとに削減目標を設定の上、高効率ボイラーや高効率冷凍機、その他エコカーやLED照明といった設備導入等に取り組んだものの、船舶の増加等の影響により、国内グループ全体の売上高原単位CO2排出量は32.6トン/億円、前期比で1.4トン/億円(4.6%)の増加となりました。

2021年度目標に対して国内生産・物流拠点ではおおむね順調に推移しましたが、主に船舶の増加等の影響が大きく、グループ全社としては未達となりました。今後は目標達成のためのマネジメント強化を図りグループ各社一丸となってCO2排出量削減に努めます。

省エネルギー設備の増強/エネルギー効率の改善

CASE:省エネ照明設備の導入

マルハニチロ(株)化成バイオ事業部森製造課では、2019年度、電気使用量削減のため、工場内に省エネ照明設備としてLEDを計18基導入致しました。

これらの効果として、年間5.8トンのCO2排出量の削減を見込んでいます。

LED照明設備

CASE:最新鋭の省力化・省エネ設備の導入

2011年3月に発生した東日本大震災による被災のため移転したマルハニチロ(株)新石巻工場には、製造用各種省力化機器の他、原料、資材を定位置まで運搬する無人搬送車など最新鋭の設備が導入されています。その他にも、工場内すべての照明のLED化、過熱蒸気フライヤーや冷凍機も最新の省エネ型に刷新しています。さらに、これらのエネルギー使用状況を一括して管理することが可能な「エネルギー見える化システム」も導入しています。

新石巻工場外観
無人搬送車
LED照明
過熱蒸気フライヤー
省エネ型冷凍機
エネルギー見える化システム画面

ノンフロン冷凍機への転換

CASE:クリームコロッケライン冷凍設備の自然冷媒化

(株)ヤヨイサンフーズ清水工場では、2018年度、クリームコロッケラインの冷凍設備をアンモニアとCO2を採用したノンフロン設備に更新しました。本事業は、環境省「脱フロン・低炭素化社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」として採択され補助を受けています。本事業の成果として、2019年度は年間1,188トンのCO2排出量の削減を実現しました。

ヤヨイサンフーズ清水工場外観
ノンフロン冷凍機

CASE:冷凍・冷蔵倉庫用の冷凍機をノンフロン設備へ更新

(株)マルハニチロ物流では、2019年度、計4拠点にて冷凍・冷蔵倉庫用の高効率自然冷媒冷凍機であるアンモニアでCO2を冷却するノンフロン設備へ更新しました。うち3拠点が環境省の「脱フロン・低炭素化社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」として採択され補助を受けています。計4拠点で、年間3,679トンのCO2排出量の削減を見込んでいます。

成田事業所
成田事業所 ノンフロン冷凍機
南港物流センター外観
南港物流センター ノンフロン冷凍機
福岡物流センター外観
福岡物流センター ノンフロン冷凍機
城南島物流センター外観
城南島物流センター ノンフロン冷凍機

VOICE

今津 丈史 (株)マルハニチロ物流 施設部 課長

地球環境にやさしい冷凍・冷蔵物流インフラを追求

(株)マルハニチロ物流は全国に約58万トンの冷蔵倉庫を保有しており、地球温暖化係数が小さい冷媒装置への転換、省エネ設備の導入、電気使用量の削減等の施策により、2019年度から2022年度までに2,640トンのCO2削減を目標としています。
HCFC(R22)冷媒設備については、老朽化設備を含め2011年度から現在までで17拠点の更新をしており、今後も再生可能エネルギーを導入したさらなる省エネ型冷蔵庫の追求を行っていきたいと考えています。『物流』という社会インフラ企業としてSDGsへの貢献に向け、引き続きさまざまな取組みを実施していきます。

※HCFC(R22)…ハイドロクロロフルオロカーボン。フロンガスの種類のひとつで、オゾン層破壊だけでなく地球温暖化に繋がる物質として、2020年までに生産および消費(生産+輸入-輸出)を全廃とすることが国際的に決められている。

CASE:冷凍パスタライン用冷凍設備の自然冷媒化

(株)マルハニチロ九州では、2018年度、冷凍パスタ(乾麺ライン)を生産するフリーザーのフロン冷媒の冷凍機2基を最新式の省エネ型のアンモニアとCO2を採用したノンフロン設備へ更新しました。本事業は、環境省の「脱フロン・低炭素化社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」として採択され補助を受けています。成果として、2019年度は年間422トンのCO2排出量の削減を実現しました。

マルハニチロ九州外観
乾麺ライン
ノンフロン冷凍機

CASE:スパイラルフリーザー用冷凍設備の自然冷媒化

ニチロ畜産(株)札幌工場では、2018年度、ハンバーグ・介護食ラインのスパイラルフリーザー用冷凍設備をアンモニアとCO2を採用したノンフロンタイプに更新しました。本事業は、環境省の「脱フロン・低炭素化社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」として採択され補助を受けています。成果として、2019年度は年間547トンのCO2排出量の削減を実現しました。

ニチロ畜産札幌工場外観
ノンフロン冷凍機

CASE:保管用冷凍設備の自然冷媒化

琉球大洋(株)では、2018年度、冷蔵・冷凍食品の保管用冷凍設備をアンモニアとCO2を採用したノンフロン自然冷媒型に更新しました。本事業は、環境省の「脱フロン・低炭素化社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」として採択され補助を受けています。本事業の成果として、2019年度は年間1,164トンのCO2排出量の削減を実現しました。

琉球大洋外観
ノンフロン冷凍機

再生可能エネルギーの利用

CASE:太陽光発電パネルの設置

マルハニチロ(株)中央研究所では、2019年3月、建屋屋上に太陽光発電パネルを設置しました。購入電力の一部を太陽光発電で賄うことができるようになり、2019年度は年間約7万kWh、約32トンのCO2排出量を削減することができました。

中央研究所 外観
太陽光発電パネル

CASE:バイオマスインキの採用

マルハニチログループでは、バイオマス資源を積極的に採用することでCO2排出量削減に貢献しています。市販用冷凍食品では、包装フィルムのインキの一部に植物由来の原材料を使用したバイオマスインキを採用致しました。

その他の取組み

CASE:「カーボン・ニュートラル」の取組みを推進

オーストラル・フィッシャリーズ社(オーストラリア)は、西オーストラリア州にある小麦地帯での植樹プログラムを推進することでオーストラリア政府より「カーボン・ニュートラル」認証を取得しています。カーボン・ニュートラル認証を取得したオーストラリアに拠点を持つ組織はClimate Active NETWORKのメンバーとして認められます。このカーボン・ニュートラル(CN)の取組みが、水産資源の安定供給につながるさらなるステップと位置づけ、ブランドロゴ『CN fish』を商品に展開し、環境配慮商品の拡販を進めていきます。

※ カーボン・ニュートラル:事業において排出されるCO2総排出量と同量のCO2量を吸収する対策を打つことでCO2排出量をゼロにすることです。

ページ上部へ