基本的な考え方

マルハニチログループは日本および世界各地から水産資源を安定的に調達しています。また畜産物や農産物でも安全・安心なサプライチェーンの構築に努めています。私たちが将来にわたって持続可能かつ安定した経営を実践していくためには、お取引先の皆さまと協働して、サプライチェーンにおける環境問題、人権や労働安全といった社会的側面への配慮に取り組んでいく必要があると認識し、CSRに配慮したサプライチェーンの構築に努めます。

サステナビリティ中期経営計画

重点課題持続可能な調達の実践

中期目標 行動計画
CSRに配慮したサプライチェーンの構築
「調達基本方針」「サプライヤーガイドライン」「 腐敗防止宣言」にもとづくCSRに配慮したサプライチェーンマネジメントの実践
•「 調達基本方針」「 サプライヤーガイドライン」「腐敗防止宣言」
のサプライヤーへの周知徹底
• サプライヤーへのモニタリングの実施

詳細情報はこちらから

マルハニチログループは、サプライチェーンにおける環境問題、人権や労働安全といった社会的課題に対応するため、「CSRに配慮したサプライチェーンの構築」を中期目標として定め、調達活動における社会的責任を果たしていきます。

マルハニチログループ調達基本方針/
サプライヤーガイドラインの制定

2017年度、マルハニチログループでは、「グループ行動指針」および国連グローバル・コンパクト10原則や国際規格ISO26000の考え方にもとづき、「マルハニチログループ調達基本方針」および「マルハニチログループサプライヤーガイドライン」を制定しました。また、海外市場における公正さ競争の実施と腐敗防止に関する「腐敗防止宣言」をコミットしています。

これらの方針/ガイドラインのお取引先への周知徹底とモニタリングの実施により、お取引さまとともに誠実な事業活動を遂行するサプライチェーンを構築し、取組みを推進していきます。

マネジメント体制

マルハニチログループは、幅広いサプライチェーンをカバーするさまざまな事業を有しており、これらの事業活動における原料、資材、製品などの調達先の選定は、各事業部門が責任を持って実施しています。そのため、マルハニチログループにおけるサプライチェーンマネジメントは、2017年に制定した「調達基本方針」「サプライヤーガイドライン」にもとづき、調達部署が中心となってお取引先とのコミュニケーションを通じてCSR調達を実践しています。

サプライヤーへのモニタリングの実施

マルハニチロ(株)では、2020年度、「サプライヤーガイドライン」の遵守状況の確認を目的としてサプライヤー調査を開始しました。今後は、調査結果をもとに当社グループとしての取組みの優先順位を決め、対策を講じていきます。

サプライヤーへの周知徹底

協力工場品質保証会議

マルハニチロ(株)では、サプライチェーンとの連携強化による品質保証レベルの向上を目的として、製品の製造にご協力頂いている国内の主な製造委託先の経営者の皆さまを対象とした「協力工場品質保証会議」を開催しています。

2019年度は、48社、54名に参加いただき、品質に関わる取組み、苦情・事故の発生状況の報告、「調達基本方針」「サプライヤーガイドライン」を活用した取組みや各種対応のお願い等を行うとともに、社外講師による講演を実施しました。

今後も継続して周知の機会を設けることで、製造委託先の皆さまと情報の共有を図るとともに、取組み方針に対するご理解を頂き、サプライチェーンの連携強化に努めていきます。

海外子会社の取組み

CASE:タイ子会社 タイ湾での漁業改善プロジェクトへの参画

South East Asian Packaging and Canning Ltd(シーパック社)は、TTIAメンバー※1として、2024年末までにMSC認証取得基準の達成をめざす、タイ湾産のコシナガマグロ漁業改善プロジェクト※2に2019年4月より参画しています。シーパック社の2019年のコシナガマグロのタイ湾からのコシナガマグロの買付量約900トンのすべてが、本プロジェクトに認可された漁船からの買付となっています。

進捗については https://fisheryprogress.org/fip-profile/thailand-longtail-tuna-purse-seine-0 にて確認できます。

  • ※1TTIA:The Thai Tuna Industry Association
  • ※2 漁業改善プロジェクト:地域漁業者、流通、NGOなどの利害関係者が協力し、漁業の持続可能性の向上(認証取得可能なレベルまで)に取り組むプロジェクト

キングフィッシャー社 ウェブサイト
http://www.kingfisher.co.th/Updates-Details.php?news_id=134

TTIAミーティングの様子

VOICE

Sujira Huadsawat
KF Foods Ltd.
品質保証・品質管理部マネージャー

サプライヤー選定と監査における自社調達基準の徹底

2016年に当社独自で定めた「Responsible Sourcing policy」をもとに持続可能な調達の実践を行っています。この方針は現地法の遵守、社会および労働基準の遵守、環境問題、サステナビリティの4つの主な基準によって構成され、サプライヤーには契約時の監査と調達基準への合意を求め、定期監査での評価も行っています。原料の入荷時には公的な証明書の確認を行い、要件を担保できているか確認しています。また品質管理に関してはマルハニチログループの品質保証体制が管理レベルを維持し、分析室での検査や分析技術のノウハウ向上に役立っています。今後ともグループ間の連携により、持続可能な製品の提供を徹底していきたいと思っています。

ページ上部へ