基本的な考え方

マルハニチログループは、社会、地球環境等のサステナビリティ課題への関心が世界的に高まる中、GRIスタンダードでも要求されているサステナビリティ分野における重点課題(マテリアリティ)を2018年2月に特定しました。「社会価値」と「環境価値」の創造が「経済価値」も生み出すことにもつながると考え、3つの価値の創造を基軸とする「サステナビリティ中期経営計画」を2018年度よりスタートさせています。

今後は、社内外のステークホルダーの声を取り入れながら、PDCAサイクルを通じて本計画の取組みを改善・推進していきます。

重点課題の特定プロセス

Step1 社会課題の認識

GRIスタンダード、ISO26000中核主題、国連グローバル・コンパクト10原則、SDGs(持続可能な開発目標)などの国際的な基準・ガイドラインを踏まえて、社会課題を洗い出しました。

Step2 社会課題のマッピング

次に、「社会視点での重要度」と「当社グループ視点での重要度」の2つを座標軸としてマッピングし、優先順位の高いものを絞り込みました(下図の赤枠)。

※GRIスタンダードの要請項目については、GRIスタンダード内容索引(https://www.maruha-nichiro.co.jp/corporate/sustainability/gri/)をご覧ください。

Step3 重点課題の決定

2018年2月、取締役会にて、重点課題を含むサステナビリティ中期経営計画が承認され、2018年4月より4ヵ年計画がスタートしました。

Step4 重点課題のPDCAマネジメント・見直し

2018年度は、サステナビリティ推進委員会における進捗状況の報告とレビューを行っています。今後はより具体的な取組み指標(KPI)の策定をめざして取組みを推進します。さらに、今後も国際的な社会課題の動向や、事業環境の変化、および社内外のステークホルダーの意見を取り入れながら、継続的な見直しを行っていきます。

サステナビリティ推進委員会について詳細はこちら

ページ上部へ