Seafood Business for Ocean Stewardship(SeaBOS)に参画

マルハニチログループは、世界の大手水産会社ならびに海洋・漁業・持続可能性を研究する科学者とともに Seafood Business for Ocean Stewardship(SeaBOS)の取組みに立ち上げから参画しています。

SeaBOSは、2016年に世界の最大手の水産企業8社(現在10社)と、海洋・漁業・持続可能性を研究する科学者が、持続可能な水産物の生産と健全な海洋環境を確保するために、科学的根拠にもとづく戦略と活動を協力しながら主導することを目的に設立されたグローバルな取組みです。国連の持続可能な開発目標(SDGs)、特に「目標14 海の豊かさを守ろう」に積極的に貢献するとしています。2018年9月、組織設立と同時に当社社長(当時)の伊藤滋が初代会長に指名され、2020年10月まで会長として従事しています。

2018年5月にはアメルスフォールト(オランダ)で第1回担当者レベル会議が開催され、具体的な取組みの協働について話し合いを行い、同年9月には長野県軽井沢町にて第3回会議が行われ、当社の伊藤 滋がSeaBOS初代会長に指名されました。2019年5月にはベルゲン(ノルウェー)にて第2回担当者レベル会議が開催され、各タスクフォースの進捗状況や今後の行動計画案を話し合い、同年9月にはプーケット(タイ)にて第4回会議が行われました。この会議ではSeaBOSの取締役として選任された当社グループのオーストラル・フィッシャリーズ社のマーティン・エクセル氏が全体の進行を行い、持続可能な漁業と養殖管理、海洋プラスチックを含む海洋汚染、気候変動に関連する規制等についての改善の重要性を再確認しました。

2019年9月プーケット(タイ)でのSeaBOS会議参加メンバー(@Thai Union Group)

SeaBOS参加企業

  • マルハニチロ
  • 日本水産
  • Thai Union Group
  • MOWI
  • Dongwon Industries
  • Nutreco/Skretting
  • Cargill Aqua Nutrition
  • Cermaq
  • 極洋
  • Charoen Pokphand Foods

SeaBOS

SeaBOS対談

世界の水産大手企業が参画する、海洋管理のためのグローバルなイニシアティブSeaBOS(Seafood Business for Ocean Stewardship)の始動から4年。科学者としてその発足を支え、自ら産業界との対話の場を創出してきたヘンリック・オスターブロム教授と、SeaBOS初代会長を務めるマルハニチログループ代表取締役会長伊藤 滋による意見交換会を実施しました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってオンラインでの開催とし、当日はSeaBOS取締役であるマーティン・エクセル氏がファシリテーターを務めました。

タスクフォースの取組み

SeaBOSでは、各種課題に対し、6つのタスクフォースを設けて、参加企業10社と科学者が分担して取組みを進めています。

  • タスクフォースⅠ(IUU漁業、強制労働・児童労働への対応)
  • タスクフォースⅡ(水産物のトレーサビリティ改善への対応)
  • タスクフォースⅢ(規制改善のための各国行政との協業)
  • タスクフォースⅣ(SeaBOS組織の透明性とガバナンス)
  • タスクフォースⅤ(海洋プラスチック汚染への対応)
  • タスクフォースⅥ(気候変動への対応)
ページ上部へ