DHAのチカラ − マルハニチロは健康生活を応援します。 −

DHAの効果 ~DHAは日本人の味方~

生活習慣病の予防・改善

コレステロールなどの値を下げるDHA

DHAには血液循環を若々しくする働きがあります。例えば血中脂質を改善し、動脈硬化を防ぎます。また、血小板が凝固するのを抑制し、心筋梗塞を予防します。さらに、血圧を下げ、脳卒中(脳梗塞・脳出血)を予防します。
これらの効果を示すのが、マルハ中央研究所の試験結果です。

DHAカプセル(DHA含有量29%)を28日間服用していただき、その間の血液中における総コレステロール値、悪玉コレステロール(LDL)値、中性脂肪値、血圧値を測ったところ、すべてにおいて値が減少したのです。

EPA、DHAの高脂血症および高血圧に対する影響 - マルハ社内試験 -

総コレステロール値に及ぼす影響グラフ、HDLおよびLDLコレステロール値におよぼす影響グラフ、中性脂肪値におよぼす影響グラフ、血圧におよぼす影響グラフ

脳梗塞予防にも効果的なDHA

DHAは脳梗塞予防にも効果的です。

マルハ中央研究所は福岡大との共同研究で、DHAを30日間投与したラットとDHAを投与しないラットの脳梗塞後の脳の状態を観察した結果、DHAを投与していたラットの方が脳梗塞の領域が少なかったのです。

また、DHAを投与していたラットの脳梗塞1週間後の神経細胞の状態を組織染色で確認したところ、遅延性の神経細胞死が少ないという結果が得られました。

さらに脳梗塞状態になったラットの八方迷路での空間認知能力を確認したところ、DHAを投与したラットは不正解数が格段に少ないという結果がでました。

DHAの脳梗塞に対する影響  ~ 福岡大との共同研究 ~

DHAの脳梗塞に対する影響

DHAの脳梗塞後の後遺症に対する影響  ~ 福岡大との共同研究 ~

DHAの脳梗塞後の後遺症に対する影響

DHAの脳梗塞後の空間認知低下の予防効果  ~ 福岡大との共同研究 ~

DHAの脳梗塞後の空間認知低下の予防効果