ぶり

ぶりの養殖場のご紹介 串本アクアファーム 桜島養魚 熊野養魚 奄美養魚 本店 奄美養魚 篠川支店 アクアファーム 本店 アクアファーム 島浦店 玄海養魚 上ノ国海産 奄美養魚 野間池支店 奄美養魚 久志支店 奄美養魚 南さつま種苗センター ぶり
スズキ目-アジ科-ブリ属


ぶりが出荷されるまで

1 春先から初夏にかけてモジャコ(稚魚)を導入します。 ※モジャコとはブリの幼少期の呼び名
モジャコの導入
2 固形飼料(EP:エクストルーダペレット)のみを与えています。成長度合いにより、餌の大きさ・量を調整して大切に育てます。
給餌
3 荒天時や赤潮等が発生した場合魚を守るため、水中約10mまで生簀を沈ませます。
育成(浮沈式生簀)
4 養殖場では、赤潮が発生する危険があるため、海水を測定し、プランクトンの量をしらべています。
また、生簀の中に潜り、異常がないか魚体のチェックなども行っています。
測定・管理
5 生簀から取上げたブリを〆た後、1匹ずつ計量し、大切に梱包して出荷します。
ラウンド出荷
6 桜島養魚で育てられたブリの大半は、垂水市漁業協同組合魚加工場にてフィレ・ロインに加工されます。
フィレ加工