Topページ設定

ご覧になりたい情報があるページを選択してください。
「企業情報」「商品情報」を選択した場合には、次回以降トップページに設定されます。
なお、設定はこのページからいつでも変更可能です。

マルハニチロ公式通販
メディケア
IR情報
経営情報

アイデアレシピ !! 揚げ高野のほたて煮

アイデアレシピ !! 揚げ高野のほたて煮

調理時間:30分

京都府・山本さんの作品です。 【ご本人コメント】。おばあちゃんから伝わる我が家の味:揚げた高野豆腐をほたて貝柱とだし汁でとろりと煮たお惣菜:もともと干貝柱だったのをほたて缶詰にアレンジしたら、手軽でおいしさそのまま:アッと言う間になくなる、我が家の一押し煮物!。 【メニューアドバイザーからのコメント】。「我が家」のお惣菜にはぴったり:食物繊維もとれるし、お惣菜としては、ほたて貝柱水煮(割り身)だけでも充分、旨みが味わえます。

材料(4人分)

ほたて貝柱水煮 小型缶1缶(または大型缶1/2缶)
ほたて貝柱水煮(割り身) 小型缶1缶(または1/2缶)
高野豆腐 4枚
片栗粉・揚げ油 各適宜
さやいんげん 150g
だし汁 2カップ
酒・みりん 各大さじ1
砂糖 小さじ2
しょう油 大さじ1・1/3
小さじ1/2
柚子皮 少々

作り方

1.高野豆腐は表示通りに戻し、水気をしっかり絞ってから、片栗粉を軽くまぶし、揚げ油でカラッと揚げておきます。【片栗粉をまぶす時に、ビニール袋の中でまぶすと、便利で後片付けも楽。】

2.さやいんげんは固めに塩茹でし、斜めに切っておきます。

3.鍋にだし汁を煮立て、ほたて貝柱水煮の缶詰を缶汁ごと加え、調味料で味を調えておきます。(割り身はほぐしておきます)【ほたて缶詰は、割り身と大きい身と両方加えることで、トロッとしたおつゆに割り身がからんでおいしく、だしも良く出て、又、大きい身の弾力のある食感と味のおいしさも 味わえます。】

4.(1)の揚げ高野を加えて、ひと煮立ちさせ、(2)のさやいんげんも加えて火を止め、器に盛り付けます。

5.柚子の皮のすりおろしたものをかけて、いただきます。【揚げた高野の、ほたての味のしみたおいしさ、揚げたてならではのシュワッとした食感を堪能できます。】

ひとり分の栄養

カロリー 202 kcal
塩分 2.1 g

このレシピで
ご使用いただける商品

関連レシピ

Links

TOP