Topページ設定

ご覧になりたい情報があるページを選択してください。
「企業情報」「商品情報」を選択した場合には、次回以降トップページに設定されます。
なお、設定はこのページからいつでも変更可能です。

マルハニチロ公式通販
メディケア
IR情報
経営情報

ゼライス NAVI

ゼライス NAVI

ゼライス NAVI

「ゼライス」JELLICE -ゼリーを愛す-
「ゼライス」JELLICE -ゼリーを愛す-

マルハニチロが「ゼライス」を発売したのが昭和28年。以来、「ゼライス」は半世紀以上にわたってたくさんの方に愛されてきました。「ゼライス」の魅力とともに、もっと楽しく、より多くのシーンで「ゼライス」をご利用いただけるレシピをご紹介します。

「ゼライス」(ゼラチン)ってなに?

「ゼライス」は、コラーゲンを豊富にふくむ豚の骨や皮から精製抽出したゼラチンです。

ゼラチンは、コラーゲンを水に溶けるまで加水分解した「純粋」な動物性タンパク質で、コラーゲンとほぼ同様のアミノ酸組成をしています。つまり、コラーゲンはゼラチンの「親」にあたります。

ゼラチン、その名の由来と普及

ゼラチン(Gelatjn)の語源はラテン語のGelate(ゼラター)からきており、煮こごりという意味です。 昔、ヨーロッパの水夫達は、船が遭難した時など食糧が底をついてしまった時に、身のまわりのベルトや靴等の皮製品を鍋で煮詰め、溶け出した煮こごりで飢えをしのいだといわれています。このようにゼラチンはヨーロッパから広まり、中でも一般に広めたのは、あのナポレオンでした。

彼はゼラチンで作ったデザート(ゼリー)や料理が好きで、あらゆる夜会や宴席で供したため、各国の貴族達の間に広まって、さらに一般に普及していきました。日本には幕末頃に伝来したといわれています。

ゼラチン、美容と健康に

「ゼライス」はそのほとんどが動物性タンパク質です。肥満の大敵である脂肪や炭水化物をほとんど含まず、しかも栄養たっぷりです。美容食、健康食として安心してお召し上がりいただけます。

離乳食以後、ミルクの嫌いなお子様にはミルクゼリーにして食べさせるなど、発育中のお子様の栄養食品としても「ゼライス」をオススメします。

ゼラチンの成分

「ゼライス」(ゼラチン)は卵や牛乳、肉、魚、豆などのタンパク質とくらべて優れた特徴があります

ゼラチン、美容と健康に

「ゼライス」はお菓子や料理はもちろん、みそ汁やコーヒーに溶かして飲んだり、ご飯と一緒に炊き込んだりしていただいてもOK。 健康な体づくりのためにさまざまにご利用いただけます。

お味噌汁にゼライス

お味噌汁にゼライス
材料  分量:1人分
  • 味噌汁  -  1杯
  • ゼライス  -  1/2袋
作り方
  1. 80℃位まで温めた味噌汁をお椀に入れ、ゼライスを振り入れる。
  2. よく混ぜて、ゼライスを溶かす。
ポイント
  1. 即席味噌汁やカップ味噌汁にも手軽に混ぜて。

ご飯にゼライス 調理時間10分

ご飯にゼライス
材料  分量:4人分
  • 米  -  3~4カップ
  • 水  -  炊飯器の目盛りに合わせて
  • ゼライス  -  1袋
作り方
  1. 米を洗い、炊飯器の目盛りに合わせて水を入れ、ゼライスを振りいれ、よく混ぜ20~30分おく。
  2. スイッチを押し、炊き上がったら、10分蒸らしてから混ぜる。
ポイント
  1. ゼライスを入れたご飯は、つややかで、特に冷凍して解凍すると、ご飯のパサツキもなく、炊き立てに近い。

缶コーヒーにゼライス 調理時間3分

缶コーヒーにゼライス
材料  分量:1本分
  • 缶コーヒー  -  1本
  • ゼライス  -  1/2袋
作り方
  1. 缶コーヒーを耐熱カップに入れ、電子レンジで80℃位まで温める。
  2. ゼライスを振りいれ、良くかき混ぜる。
ポイント
  1. ホット缶コーヒーの場合も、少し加熱すると溶けやすい。

フリーズドライのおかゆにゼライス 調理時間1分

フリーズドライのおかゆにゼライス
材料  分量:1杯分
  • フリーズドライのおかゆ  -  1袋
  • 熱湯  -  適量
  • ゼライス  -  1/2袋
作り方
  1. 茶碗にフリーズドライおかゆを入れ、熱湯をかけ、ゼライスを振り入れる。
  2. よく混ぜ、1分後に出来上がり。
ポイント
  1. 冷めると、おかゆにとろみがつき、食べやすくなる。

お鍋にゼライス・コラーゲン鍋 調理時間30分

お鍋にゼライス・コラーゲン鍋
材料  分量:1鍋3~4人分
  • 白菜・きのこ・豆腐・人参・長ねぎ・くずきり・肉・魚等  -  適宜
  • ゼライス  -  1/2袋
  • 昆布だし  -  適宜
  • ポン酢醤油  -  適宜
作り方
  1. 鍋に昆布だしを入れ、肉、魚、野菜、豆腐等を加え煮る。
  2. 煮えたら、弱火にし、ゼライスを振りいれ、混ぜて煮溶かす。
  3. ポン酢醤油を添える。
ポイント
  1. 寄せ鍋や、すき焼きでも。
ゼライスパウダーの上手な使い方
  1. ゼライス1袋(5g)で約200ccのゼリー液が固められます。型抜きをしないやわらかいゼリーを作るときは、250cc~300ccまで増やすことができます。
  2. 溶かす液の温度は70~80℃が最適。煮立てると固まらない場合があります。
  3. 「ゼリー型」を使う場合、水でぬらしてからお使いください。型から取り出す時に、型ごとお湯にさっとつければすぐ抜けます。
  4. 生のパイナップル、パパイヤ、キウイ、メロンなど、たんぱく質分解酵素を多く含む果物を入れたゼリー液は固まらない場合があります。このような果物はあらかじめ短時間煮てご使用になるか、缶詰をご利用ください。
  5. 「ゼライス」は約12~13℃以下で固まりはじめます。ゼリー液を冷ましてから冷蔵庫に入れれば1時間ぐらいで固まります。
  6. 「ゼライス」パウダーは変質しにくいので、長期間保存が可能です。さらさらしていればずっとご使用いただけます。


TOP