材料(4人分)


※中国では一般的に、川魚(ハクレン、ライギョなど)を使用。白身魚で代用可
1kg
酸菜(白菜の漬物) 200g
ショウガ 20g
ニンニク 20g
花椒(ホール) 適量
唐辛子 4本
パクチー 片手一杯
白ゴマ 大1
みりん 大2~3
小1.5
中華だしの素 小1.5
ごま油 大さじ3
卵白 1個分
片栗粉 大2
1.5L

作り方

1

魚を5mm幅程度にスライスする。

2

ショウガ・ニンニクを薄くスライス。唐辛子の種を除き、輪切りにする。卵白と卵黄を分ける。酸菜は刻んで水気を絞る。

3

ボールに魚を入れ、片栗粉、みりん、卵白、塩(小1/2)の順に加え、手でからめて冷蔵庫に入れ20分待つ。

4

ごま油(大3)を熱し、ショウガ、ニンニク、唐辛子、花椒を入れ、中火でほんのりきつね色になるまで炒める。

5

酸菜を入れる。

6

ショウガ・ニンニク・酸菜の良いにおいがしてきたら、水(1.5L)を追加。塩(小1)、中華だしの素(小1.5)を入れて味を調整。蓋をして煮る。

7

魚を入れて2~3分蓋をして煮る。始めは強火、沸騰したら中火にする。

8

フライパンにごま油(適量・分量外)を熱し、白ゴマを散らしたあとに、⑦にかける。

9

最後にパクチーを飾る。

寧波の見どころ紹介

遣唐使が訪れた街

寧波は日本と関わりが深く、唐の時代に遣唐使たちが訪れた都市の一つです。多くの寺院があり、中でも「天童寺」は中国禅宗五山の1つとして有名で、道元(曹洞宗の開祖)も修行した禅寺といわれています。

宅配サービス

中国では、宅配サービス「外卖(ワイマイ)」が、コロナ禍以前より当たり前のように行われ、大抵の飲食店の商品は「ワイマイ」で頼むことができます。会社でのランチタイムでも利用されています。

コロナ禍の街並み

新型コロナウイルスの影響で、中国でも観光地の人出が減っています。スーパー・ショッピングモールなどに入るには、「健康証明書」のQRコードを見せる必要があります。
※2021年9月頭時点

レシピ一覧

ページ上部へ
材料 作り方