材料(4人分・2合分)

かに肉 90g
もち米 1合 150g
うるち米 1合 150g
小さじ1
みりん 小さじ1
小さじ1/3杯
木の芽 適量

昆布だし(かに飯用)

昆布 5g(※5cm角が2g)
2カップ(400ml)

鰹昆布だし(吸い物用)

鰹節 8g
昆布 5g
3.5カップ(700ml)

作り方

だし汁(昆布だし)

1ハサミで軽く切り目を入れた昆布を水に入れる。

2昆布から泡がでてくるまで10分~15分、弱火で時間をかけてじっくりと煮る。

3沸騰直前に昆布を引き上げる。(※沸騰させないよう気を付ける)*昆布だしの完成。

だし汁(鰹昆布だし)

1昆布だしを沸騰させ、鰹節を入れた後、5秒で火からおろし、そのまま鰹節が沈むように10分程度置いておく。

2鰹節がなべ底に沈んだら、ストレーナーでこす。*鰹昆布だしの完成。(お吸い物用)

かに飯

1水に30分浸漬させた米を土鍋に入れ、昆布だし汁、みりん、酒、塩を入れて、軽くかき混ぜる。

2中火で約15分炊き、蒸気が上がり始めたら弱火にしてさらに15分程度炊く。 ※上記時間はあくまで目安のため、火力や土鍋により適宜調節する。

3炊きあがったご飯をヒノキのせいろに入れ、ご飯の上に殻を取ったカニ肉をのせる。

4蒸し器に③を入れ、ヒノキの香りがごはんにでてくるよう4~5分蒸す。

5蒸しあがったら、上に木の芽を飾り完成。

6出来上がりイメージ

おいしいカニを食滞へ 調達から販売までの一貫したバリューチェーンが強みです

マルハニチログループで取り扱うカニは、主にアラスカ・カナダで漁獲され、
一部はむき身などに加工されたのち、北米、欧州、日本等で販売されています。

原料調達

当社グループは米国での漁獲枠の約30%のシェアを有しており、圧倒的な原料調達力が強みです。アラスカで漁獲されたカニは、グループ会社Alyeska Seafoods、Peterpan Seafoods、Westward Seafoodsの3工場で鮮度を保ったまま急速凍結されます。カナダ(ハリファックス)には駐在所を置き、鮮度の良い良質な原料 の確保に努めています。

加工

インドネシアの工場では、カニを各パーツに分け、用途ごとに使いやすい形状(むき身、かに爪、フレークなど)に加工しています。

販売

加工したカニを、日本国内の寿司店、外食チェーンへ、寿司ネタ、パスタ、ピザ、サラダ等の具材として販売しています。

レシピ一覧

ページ上部へ
材料 作り方