近赤外分光法の応用

近赤外分光分析による養殖クロマグロの脂のり非破壊測定

近赤外(Nir InfraRed=NIR)光とは、およそ800~2500nmの波長域の光を指します(図1)。近赤外光はエネルギーが弱いため、試料を損傷することがほとんどなく安全であること、また、物質を透過しやすい性質を持っていることから、近赤外分光分析は、食品などの非破壊測定に適していると言えます。近赤外光を物質に照射して得られる、吸収または反射スペクトル(近赤外スペクトル)を用いて、対象物の成分量や物性を測定します。

図1 光の波長について

マグロの脂のりを簡単に測定するために

養殖クロマグロの品質で「脂のり」はとても重要です。現在、マグロの脂のりは体重と体長から計算される「肥満度」や尾を切り落とした身の断面の状態から判断されていますが、非破壊でもっと簡単に測定する方法はないものか、ということで近赤外分光分析による測定技術の開発に着手しました。近赤外分光分析には、ハンディタイプの近赤外分光分析装置(=NIRGUN)を使用しました(写真1)。

写真1 ハンディタイプ近赤外分光分析装置(左)と測定の様子(右)

マグロの脂のりを測ってみました

図2 脂質含量化学分析値とハンディタイプ近赤外分光分析機(NIRGUN)NIRGUNによる測定スペクトル値との相関

近赤外分光分析による非破壊測定を行うには、近赤外スペクトルの「スペクトル値」と実際にマグロの身を切り出して脂質量を測定した際の「化学分析値」との関係式(検量線)を作成しなくてはなりません。魚体の大きさや出荷季節の異なった20尾以上の養殖クロマグロを分析して検量線を作成し、測定を行ったところ、測定「スペクトル値」と「化学分析値」との間に高い相関(r=0.881)が認められ、測定がきちんと行えていることが確認できました(図2)。

今後は…

この技術を用いて、マルハニチロ養殖クロマグロの特徴を把握し、飼育技術の改善、マグロの品質向上などに繋げていくことを目指しています。また、近赤外分光分析による非破壊測定技術を水産物や食品の選別、評価など、他用途にも応用していきたいと考えています。

参考文献

  1. 尾崎幸洋、河田聡偏「近赤外分光法」学会出版センター
  2. 広瀬あかり、芦田慎也、佐藤信行、平成21年度日本水産学会春季大会

»