コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸は、生体内でコラーゲンやその他のたんぱく質と結合して存在しており、カルシウムの代謝、物質の透過、水分の保持・調節の機能があります。加えて、関節などにおいては物理的な刺激に対する吸収剤としても重要な役割を果している成分です。そのため、関節液や皮膚などの結合組織に多く含まれています。
コンドロイチン硫酸は関節痛や肩関節周囲炎(五十肩)、眼角膜の保護などに効果があることから、まず医薬品として許可され、その後、化粧品や食品添加物、健康食品などにも幅広く利用されています。原料には、牛や豚など哺乳類も用いられますが現在は主にサメ、サケ、イカなどの海産物が多く用いられています。当社ではコンドロイチン硫酸を豊富に含むサメ軟骨抽出物=SCPを販売しており、様々な効果を検証しております。

I.SCPの関節炎に対する効果

関節炎を人為的におこさせたマウスにSCPを摂取させ、炎症度合いの指標、ならびに足の容積(炎症が強いと足が腫れ、容積が増える)を測定し、炎症が改善するかを検証しました。このとき、よりコンドロイチン硫酸の純度が高い医薬用コンドロイチン硫酸でも検証を行いました。その結果、SCP、医薬用コンドロイチン硫酸のいずれも関節の炎症をも抑制する傾向が確認されましたが、SCPはより炎症を抑える効果が高いことがうかがえました。これは、SCPに含まれる2型コラーゲンをはじめとするタンパク質成分のおかげではないかと考えられています。

図1 関節炎モデルラットに及ぼすサメ軟骨抽出物、医薬用コンドロイチン硫酸の影響
図2 足容積に及ぼすサメ軟骨抽出物、医薬用コンドロイチン硫酸の影響

炎症をおこすと足が腫れてしまい容積が増えます。しかし、SCPは容積を抑制傾向にします。

II.SCPの美容効果

SCPを動物に継続摂取させたところ、肌の真皮層のうちコラーゲン層が厚くなり、肌に対して好ましい影響を与える可能性が考えられました。SCPには、コラーゲンも豊富に含まれているため、両者の組み合わせが肌に好ましい影響を与えた可能性も考えられます。

図3 ラット皮膚におけるSCP摂取による影響(6週間)

IV.血清尿酸値に及ぼす影響

SCPに関する新しい研究として、血中の尿酸値を下げる作用を確認しています。研究の結果、SCPに含まれるペプチドが尿酸の代謝系に作用することで尿酸値の低下作用を示すことを解明し、その特許を出願中です。これらの知見ついては順次論文化を行う予定です。

図4 食品用 SCPが高尿酸血症モデルラットの血清尿酸値に及ぼす影響

長期摂取時の効果確認試験
単回投与時の用量確認試験

参考文献

  1. Tamai T. et al., Arthritis 2010 in press.
  2. 吉岡久史、グルコサミン研究会 2010口頭発表
  3. 西川正純、 Nippon Suisan Gakkaishi 68(5), 723-728 (2002).
  4. 西川正純、 Food Style 21, 11, Vol. 7, No. 11 (2003).
  5. 西村和也、食品機能素材IV(太田明一監修)、印刷中
  6. Murota I. et al., Journal of Food Biochemistry 2009 in press.

»