DHAのチカラ − マルハニチロは健康生活を応援します。 −

DHAの効果 ~DHAは日本人の味方~

DHA発見物語~イヌイット健康の秘密

えっ、野菜を食べないのに健康?

約1000人のイヌイットが暮らすグリーンランド西海岸の小島、UmamaK。
北緯 71°に位置するこの町の人々は狩猟や漁業を営んでおり、アザラシや海鳥、鯨、カレイやサケを好んで食べます。イモ類と野菜はまったく食べません。

1972年、デンマークの Alborg病院の H. O. Bangと J. Dyerbergがここで暮らすイヌイットから採血し、その血中脂質をデンマーク人の 316名の血中脂質と比較したところ、驚くべき事実が判明しました。

なんとすべての年齢層で、デンマーク人よりもイヌイットの方が血中脂質の低いことがわかったのです。同様に、血中コレステロールや血中トリグリセリドも、各年齢層でイヌイットの方がデンマーク人よりも低くなっていました。

さらにイヌイットとデンマーク人の罹患率の比較では、急性心筋梗塞、多発性硬化症、乾せん、糖尿病による罹患率がデンマーク人と比べてイヌイットは低いとわかりました。

イヌイットとデンマーク人の罹患率の比較

疾患名 イヌイット デンマーク人
急性心筋梗塞 3 (%) 40 (%)
脳卒中 25 15
多発性硬化症 0 2
乾せん 2 40
肺炎 1 25
糖尿病 1 9
がん 46 53
消化器系潰瘍 19 29

つまり「肉食習慣のイヌイットは西欧型食習慣のデンマーク人よりも血中脂質レベルが低く、冠動脈心疾患などの循環器系疾患にかかりづらい」という驚くべき事実が判明したのです ( Acta Med. Scand. Vol. 192, pp. 85~94、1972 及びActa Med Scand. Vol. 208 ,pp.401~406、1980)。

イヌイットとデンマーク人の血中総脂質レベルの比較

イヌイットとデンマーク人の血中総脂質レベルの比較

イヌイットとデンマーク人の血中コレステロールの比較

イヌイットとデンマーク人の血中コレステロールの比較

イヌイットとデンマーク人の血中トリグリセリドの比較

イヌイットとデンマーク人の血中トリグリセリドの比較

米国もその効果を追認

H. O. Bangと J. Dyerbergはさらに研究を続け、イヌイットの食事に含まれる脂質成分を詳細に調べました。すると、 DHAやエイコサペンタエン酸 ( EPA)など、多価不飽和脂肪酸がイヌイット食に多く含まれていて、血中脂質を低下させ、循環器系疾患の危険率を低下させている可能性が示唆されました( Acta Med Scand. Vol. 200, pp. 69~73、 1976)。

これがDHA研究の幕開けです。

その後、日本を含む各国で臨床試験が繰り返され、 DHAは血中脂質を低下させ冠動脈心疾患の危険率を低下させると証明されています。2004年には、FDA(Food and Drug Administration:米国食品医薬品局)が「DHAを含むω-3という脂質が冠動脈心疾患の危険率を低下させる」と認めています。