Topページ設定

ご覧になりたい情報があるページを選択してください。
「企業情報」「商品情報」を選択した場合には、次回以降トップページに設定されます。
なお、設定はこのページからいつでも変更可能です。

マルハニチロ公式通販
メディケア
IR情報
経営情報

食育

「マグロ授業&料理教室」の開催(マルハニチロ)

マルハニチロは、マグロの特徴や生態を学び、そしておいしくいただく「マグロ授業&料理教室」を、2012年から開催しています。

2016年度は、2017年1月21日(土)に開催しました。親子20名様にご参加いただき、大きなマグロを見て、触って、そして解体したマグロをみんなで料理して、おいしく楽しく食べ尽くし、笑顔あふれる1日となりました。

このイベントには、マグロという身近な魚にフォーカスして魚に興味を持ってもらい、それを食育にまで高めていこうという願いが込められています。こうした機会を通じて、これからもより多くの方々に、魚の魅力やおいしさを伝えていきます。

泳ぐ時に格納できるマグロの「背びれ」を観察中
マグロづくしのメニューが完成!

Voice

参加者の方の感想(一部抜粋)

  • 家ではなかなか一緒に料理をすることがないので、今日はとても楽しかったです。
  • 初めて一からマグロを捌(さば)く所が見られ、子供は興味津々で見入っていました。
  • なかなかこういう機会がないのでとても楽しく美味しかったです。
  • 親子で楽しめました。大満足です。
  • マグロの解体はめったに見られないので親子ともども貴重な体験になりました

魚食普及イベント「~おいしいしあわせ~とっておきのお魚弁当教室」を開催(マルハニチロ)

もっと多くの方々に魚食の楽しさ、おいしさを知っていただき、健康な食生活に役立てていただくことを目的に、スーパーやお魚屋さんで手軽に購入できる、日本人になじみが深い「エビ」「タラ(タラコ)」「シシャモ」を使用して各地の有名シェフが、本イベントのために作ったオリジナルレシピを紹介するお魚弁当教室を、国内4カ所(名古屋、金沢、大阪、広島)で開催しました。

東邦ガスとの取り組み

2016年7月18日(月・祝)に、東邦ガス「クッキングサロン栄」にてイタリア料理店「Settanta」の水口秀介オーナーシェフからオリジナルレシピをご紹介いただき、親子15組31名様が調理実習を行い、でき上がったメニューを味わいました。

エビの簡単な殻のむき方を丁寧に説明する水口秀介シェフ
でき上がったメニュー

金沢市企業局との取り組み

2016年10月2日(日)に、金沢市企業局ガスショールーム「ガスぽーと」にて割烹たけし 桂木健至オーナーシェフから、オリジナルレシピをご紹介いただき、親子8組16名様が調理実習を行い、でき上がったメニューを味わいました。

講師は割烹たけし 桂木健至オーナーシェフ
「懐石風」のお弁当に仕上がりました

大阪ガスとの取り組み

2016年11月20日(日)に、大阪ガス「ハグミュージアム」にてごちそうプロデューサー広里貴子先生から、オリジナルレシピをご紹介いただき、親子14組28名様が調理実習を行い、でき上がったメニューを味わいました。

各テーブルを回りアドバイスをする広里貴子先生(右)
お弁当に詰めてでき上がり!

広島ガスとの取り組み

016年11月27日(日)に、広島ガスショールーム「ガストピアセンター」にてレストラン シマムラ レスプリ・ド・ミクニ 島村光徳シェフから、オリジナルレシピをご紹介いただき、親子12組24名様が調理実習を行い、でき上がったメニューを味わいました。

料理のポイントをわかりやすく説明するレストラン シマムラ レスプリ・ド・ミクニの島村光徳シェフ
バスケットに詰めました

パエリア祭りに協賛(マルハニチロ)

期間中「国際パエリアコンクール日本予選」も行われました

2017年4月1日(土)2日(日)、東京・代々木公園で開催された、“パエリア”をテーマにしたスペインフェス「パエリア祭り in 代々木公園」に、マルハニチロは協賛いたしました。

2016年まで東京江東区豊洲公園で行われた「豊洲パエリア」が、2017年から会場を移し、スケールアップして行われたイベントです。

春休み「親子で工場見学&食育」開催(マルハニチロ九州支社・マルハニチロ九州)

マルハニチロ九州支社は、2017年3月29日(水)に、株式会社エレナ様とともに、親子24名様を招待し、缶詰と冷凍食品を製造しているマルハニチロ九州の工場見学を行いました。参加された皆さまは、昼食時にはお弁当を作り、缶詰に入れたいものを持参して、思い出缶詰づくりを体験しました。

工場見学を終えて記念撮影
参加された皆さま

「KIDS-シェフ」を開催(ヤヨイサンフーズ)

21世紀を担う子どもたちに、本当のおいしさにふれ、食への関心を持ってもらいたい。地元の素晴らしい食材を知ってもらいたい――。「KIDS-シェフ」は、こうした想いから、ヤヨイサンフーズと一般社団法人国際食文化交流協会が協働しスタートした味覚の授業です。

2016年度は、2017年2月17日(金)に石川県能美市立浜小学校で、開催されました。石川県の食材をたくさん使ったフルコースがテーブルを飾りました。

「子どもとチャレンジクッキング」を開催(マルハニチロ中四国支社)

2016年7月26日(火)に、株式会社フレスタ様と共同で「子どもとチャレンジクッキング」を開催しました。

缶詰やソーセージ、冷凍食品を使ったおいしいメニューを手作り・試食いただいた後は、タイムカプセル缶づくりに挑戦。おもちゃから手紙まで自分の大切な物を缶に詰めて、皆さん、楽しそうにまた真剣に作っていました。

ご参加いただいた方からは、「冷凍食品もひと工夫することで楽しいメニューになるとわかりびっくりしました」、「缶詰作りを真剣にがんばる子どもを見て、参加して本当によかった」など、ご好評をいただきました。

おかあさんと作戦会議中
でき上がりました!

「Fish for Kids Program」(ピーターパン シーフーズ社)

ベニザケを提供した時の様子(地元の生徒さん、シニアセンターの方々、ピーターパン シーフーズ社デリングハム工場長Tom氏(右から6人目))

マルハニチログループの中で、アラスカ産天然ベニザケを最も多く取り扱うピーターパン シーフーズ社は、ベニザケを地元の方々においしく食べていただくための「Fish for Kids」というプログラムを2007年から行っています。

このプログラムは、地元の学校給食で出されていた、パン粉をつけただけの魚や養殖魚のフライのみに限られていた魚のメニューを改善することを目的として始まりました。地元の漁師の方々に参加を呼びかけ、漁獲したベニザケを工場でフィレー加工し、学校給食向けに無償で提供。給食のメニューが拡がり、子どもたちに好評を得て、現在では、老人ホームや保育園などに拡がっています。

「知る・楽しむ」サイトを運営(マルハニチログループ)

マルハニチログループは「魚食べたら福来たる」(魚食普及サイト) をはじめ、「サーモンミュージアム」や、「おさかなギャラリー」など「知って・楽しめて・得する情報」をWebサイトで発信しています。

Links

関連リンク

TOP