Topページ設定

ご覧になりたい情報があるページを選択してください。
「企業情報」「商品情報」を選択した場合には、次回以降トップページに設定されます。
なお、設定はこのページからいつでも変更可能です。

マルハニチロ公式通販
メディケア
IR情報
経営情報

中期経営計画「Innovation toward 2021」

2018年度からスタートする、中期経営計画「Innovation toward 2021」は、「マルハニチログループ理念」の実現をめざすため、グループ全体のありたい姿を示す「長期経営ビジョン」を明確化し、その実現に向けた最初の4年間と位置付けています。

1.長期経営ビジョン

当社グループの10年後のありたい姿を定義しました。

  • グローバル領域で「マルハニチロ」ブランドの水産品、加工食品を生産・販売する総合食品企業
  • 水産・食品の枠組みを超えたバリューチェーンを展開し、収益の拡大化を実現
  • 世界NO.1の水産会社としての地位を確立
  • 冷凍食品・介護食品の国内NO.1企業としての地位を確立
  • 水産物由来機能性材料のリーディングメーカーとしての地位を確立

2.「Innovation toward 2021」の基本的な考え方

長期経営ビジョンの実現に向けた最初の4年間の基本方針を「企業価値の向上と持続的成長」とし、「収益力の更なる向上」「成長への取り組み」「経営基盤の強化」に取り組みます。

収益力の更なる向上
  • 水産資源アクセスを最大限に生かしたバリューチェーンを再構築
  • 加工食品事業における収益拡大
成長への取り組み
  • 国内外における水産事業バリューチェーンの拡充
  • 加工食品事業生産拠点への積極的な投資を実施
  • 中長期的な成長領域への先⾏投資を実施
経営基盤の強化
  • 経営戦略を⽀える、安定的な財務基盤の構築
  • 研究開発力、技術⼒の強化
  • ⼈財・ブランド・ITインフラの強化

収益力の更なる向上

水産事業・加工食品事業が、今後4年間の収益拡大を牽引します。

水産資源アクセスを最大限に生かしたバリューチェーンの再構築

漁業・養殖セグメント
  • 完全養殖マグロ事業の拡大
  • 新⿂種養殖技術の開発
商事セグメント
  • 加工度を高めた付加価値商材の開発、ブランド化
  • 国内水産加工拠点の再編、拡充
海外セグメント
  • 事業・組織を横断した戦略立案・実行のための体制整備
  • グローバル領域において資源アクセス、生産加工、販売の機能展開を確立
⇒ 海外セグメント営業利益CAGR(*)10%をめざす
漁業・養殖/商事/海外セグメント営業利益計画
漁業・養殖/商事/海外セグメント 営業利益計画

加工食品事業における収益拡大の取り組み

加工セグメント
  • 生産拠点の再編を通じた利益率の改善
  • 生産コストの削減(仕入コスト・物流コスト)
  • 製販一体の事業損益管理体制の確立
  • 不採算事業の改善
  • 商品開発力の強化
⇒ 加工セグメントCAGR(*)10%をめざす
加工セグメント営業利益計画
加工セグメント 営業利益計画

(*)CAGR(Compound Annual Growth Rate):年平均成長率

成長への取り組み

利益成長実現のための積極的な投資を実施します。

国内外における水産事業
バリューチェーンの投資
商事/海外セグメント
  • 新たな水産資源アクセスの獲得
  • 既存水産資源アクセスの価値最⼤化
  • 加工・販売事業の国内外展開強化
冷凍食品事業への積極投資
バリューチェーンの投資
加工セグメント
  • 生産拠点の再編
  • コア製品の生産能力拡充
  • AI、IoTを活用した効率化
中長期的な成長領域への
先⾏投資
漁業・養殖セグメント
  • 完全養殖マグロ事業の拡大
  • 新⿂種への対応、完全養殖技術の確立
  • 陸上養殖、海外養殖事業の拡大
加工セグメント
  • 介護食事業の拡大
  • 化成事業の拡大

経営基盤の強化

成長への投資を最優先としながら、財務基盤の強化を図ります。

営業
キャッシュフロー
1,340億円
設備投資
1,100億円
成長投資
485億円
  • 成長ドライバーへの投資 → 海外、冷凍食品
  • 中長期的な成長領域への先⾏投資 → 養殖、介護食、化成
  • 投下資本利益率による効率性を追求
インフラ投資
235億円
  • 冷蔵庫のスクラップ&ビルド
  • IT基盤投資
定常投資
380億円
  • 既存設備の更新投資
  • ノンフロン化の推進
有利⼦負債
  • D/Eレシオ1.5x、自己資本比率30%以上をめざす
株主還元
  • 安定的な配当を継続

3. 定量目標

  2021年度計画 2017年度予想 差異
売上高 1兆円 9,100億円 +900億円
営業利益 310億円 240億円 +70億円
ROA 5.7% 5.4% +0.3pt
D/Eレシオ 1.5x 2.4x -0.9x
自己資本比率 30.0% 22.4% +7.6pt

セグメント別計画

(単位:億円)
セグメント 2021年度計画 2017年度予想 差異
売上高 営業利益 売上高 営業利益 営業利益
漁業・養殖 411 30 377 21 +9
商事 4,708 66 4,482 50 +16
海外 1,806 111 1,643 83 +28
加工 2,756 82 2,311 53 +28
物流 176 18 157 18 -
その他 143 4 131 8 -4
全社 - - - 7 -7
合計 10,000 310 9,100 240 +70

(注)2017年度予想は、2018年度の事業組替を反映したものを表示しています。

Links

関連リンク

TOP