Topページ設定

ご覧になりたい情報があるページを選択してください。
「企業情報」「商品情報」を選択した場合には、次回以降トップページに設定されます。
なお、設定はこのページからいつでも変更可能です。

マルハニチロ公式通販
メディケア
IR情報
経営情報

グローバルな海洋資源の保全と安全供給の両立へ

持続可能な地球・社会づくりを見据えて、さまざまな産業分野において、グローバルサプライチェーン全体で責任ある原材料調達の実践が求められています。マルハニチロでは、グローバルに事業を展開する水産・食品企業として、責任ある調達の実践に努めています。

海洋生態系の保全への社会的関心が高まるなか、近年は生鮮食品売り場でも、自然環境・水産資源に配慮して獲られた水産物であることを示す「MSC認証」を表示した商品が増加しつつあります。

持続可能な漁業を実践する
「北海道のホタテ」を、世界の食卓へ。

環境に対する意識の高い欧州の国々で認知度が高まっているMSC「海のエコラベル」

ホタテガイ漁業の操業

世界的な魚食需要の高まりを背景に国際的な漁獲競争が進展するなか、持続可能な水産資源の調達・供給・消費の仕組みづくりへの関心・期待が国際的に高まっています。

こうしたなか注目されているのが「MSC認証」です。「MSC(Marine Stewardship Council : 海洋管.協議会)」は、持続可能な漁業の普及を目的に1997.に設.された国際的な非営.団体です。「持続可能な漁業」に関するMSC漁業認証は、「MSC基準」に則って第三者認証機関が世界各地の漁業(漁場・魚種・漁法)を審査し、基準を満たした漁業は、国際認証「MSC認証」を取得することができ、製品にMSC「海のエコラベル」を表示することができます。2017.3月現在、世界30ヵ国以上・312の漁業がこのMSC認証を取得しており、世界で漁獲される天然魚の約10%がMSC認証取得漁業で獲られています。

マルハニチロがMSC認証商品取り扱いに向けた取り組みを開始したのは2006.。.通大手のイオン(株)から、海外のMSC認証商品の輸入取り扱いの要請を受けたことをきっかけにMSC.CoC認証を取得。翌2007.9月に「MSC 紅鮭スモークサーモン」の販売を開始して以.、MSC認証商品の取り扱いを徐々に拡げてきました。

そして2017.、マルハニチロはMSC認証の.海道のホタテ製品の取り扱いを本格化します。.間約40万トンの水揚げ.を誇る.海道漁業協同組合連合会のホタテガイ漁業は、2013.5月にMSCの漁業認証を取得するなど、日本における持続可能な漁業の先進事.となっています。.海道のホタテ製品は2015.1.12月の輸出総額が590億円にのぼり、国産水産物のなかでも大きな輸出.額を誇ります。

マルハニチログループは、グローバルな販売ネットワークを活かし、持続可能な漁業を実践する「.海道のホタテ」ブランドの価値を世界に知らしめ、欧州を中心に新しい販.の開.に努め、世界の食卓にお届けしていきます。

MSCの普及活動を通じて持続可能な
「食」の資源調達を実践していきます。

マルハニチロ(株)
水産二部 部長役 兼 特種課長 熊本 義宣

4年前にMSC漁業認証を取得した北海道産ホタテは、その95%が認証取得商品です。にも関わらず、一次処理を行う加工場や国内の取扱流通業者で、CoC認証を取得している企業が限定されていることから、MSC認証商品として流通させることがなかなかできず、一部の輸出向け商品以外にその「価値」を活かしきれていないのが実態です。2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会に向けて、これからますます世界からの注目が集まるなか、魚食先進国を自負する日本の持続可能な水産物の扱いは世界水準と言えるでしょうか?北海道産ホタテをMSC認証水産物の代表として国内外のお客さまにお届けするために、サプライチェーン全体に向けた普及活動をこれからも続けていきます。

人口の増加と健康志向の高まりを背景に高まる
「世界の魚食需要」にこたえる。

水産物の安定調達・供給体制の確立という経済面での課題、そして、水産資源の多様性保全という環境面での課題。これら課題の克服を通じて、「良質なたんぱく源である魚介類を世界のお客さまに安定的に供給する」という企業としての使命を果たしていくために、マルハニチログループは、グローバルな資源アクセスの強化をはじめ、調達・供給体制の整備に積極的に取り組んでいます。

良質な水産商品を世界に届ける「加工」拠点として

欧州や北米をはじめ、オセアニアなど世界中から調達した水産加工原料を、アジア各地の拠点に集め、消費者ニーズに沿った加工・製品化を行ったうえで、再び世界のマーケットに向けて安定供給しています。

良質な水産資源を活用して社会の要請にこたえる

魚食普及の使命のもと、時代は高齢社会から超高齢社会に突入し、食を通じた社会貢献をする商品づくりとして、2000年に病院給食ルートからの要望で開発した完全に骨を除去した「骨なし魚」があります。多くのお客さまに認められ、市場も成長しました。マルハニチロは、アジア各国の現地法人・関係グループ会社と協力し、社会の要請にこたえる商品の安定供給に努めています。

世界的に激化する調達競争を勝ち抜き、良質な水産資源アクセスの強化を図る

マルハニチログループは、中期経営計画の成長戦略の1つに「新たな海外水産資源アクセスの確保」を掲げ、海外企業との積極的な協業を推進しています。この一環として、2013年、豪州の漁業会社オーストラル・フィッシャリーズをグループに迎えました。

漁業会社として世界初!「カーボン・ニュートラル」認証を取得

オーストラル・フィッシャリーズは、2016年1~12月の自社操業にともなうCO2総排出量を27,422トンと試算し、これを相殺するために西オーストラリア州にある小麦地帯におよそ190,000本の樹木を植えることを決定。この取り組みが「カーボン・ニュートラル」認証を受けました。この取り組みを、水産資源の安定供給につながるさらなるステップと位置づけ、今後はブランドロゴ『CN Fish』を商品に展開し、環境配慮商品の拡販を進めていきます。

※カーボン・ニュートラル:事業において排出されるCO2総排出量と同量のCO2量を吸収する対策を打つことでCO2排出量をゼロにすることです。

安定した漁獲量をベースに新商品の拡大へ

北米の漁場は、ベーリング海のスケソウダラをはじめ、サケ・カニ・底魚類など資源管理が徹底され、常に安定した漁獲量が見込まれるのが特徴です。市場も健康志向の高まりから、ヘルシーフードとして認識されている水産物の消費は安定的に伸び、拡大しています。今後は、欧州や米国内の販売力強化と加工品の販売に注力していきます。

フェアネスを重視したダイバーシティマネジメントを推進

2012年に事業統合した、ウエストワードシーフーズとアリエスカシーフーズは、各々の特色や良い点を生かし、さらに伸ばす経営を行い、それを企業文化として育ててきました。こうした歴史から、さまざまな見識やアイデアをもつ人材を正当に評価し、多様性を会社の力に変える「フェアネス」が、会社の大きな強みとなるとともに、従業員にとって魅力ある職場づくりにつながっています。

海洋資源の保全と安定供給の両立へ

欧州は有数の漁場があり供給地としての役割も大きく、英国や南欧などでは、古くから魚を食べる習慣がありますが、近年では、健康志向の高まりから魚のヘルシーさや、おいしさが広く伝わり、今後の消費拡大が期待されています。

ASC認証商品の普及・拡大をめざして

欧州市場における販売拡大の戦略拠点として、2013年にマルハニチログループに加わったシーフード・コネクションは、持続可能な水産資源の利用に向けて、ASC認証商品の普及・拡大に努めています。2011年には、ベトナムにおけるASC認証商品生産に向けたパイロットプロジェクトを開始。2015年に商品の調達を開始しました。

※カーボン・ニュートラル:事業において排出されるCO2総排出量と同量のCO2量を吸収する対策を打つことでCO2排出量をゼロにすることです。※ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)認証:環境に大きな負担をかけず、地域社会にも配慮した「責任ある養殖水産物」であることを認証するもの。認証を受けた商品にはエコラベルを表示することができます。

Links

TOP