決算説明資料

2012年3月期 連結決算及び事業概要

(2012年5月14日開催)

「調達力の強化」として、中西部太平洋地域でのカツオ・マグロ漁漁獲規制強化の流れの中での安定操業を追求し、ミクロネシアに設立した合弁会社に海外まき網漁船1隻を移籍しました。
すりみ事業では、従来ロシア産の助宗鱈ではすりみ生産はほとんど行われていませんでしたが、現地企業と独占買付契約を結び、将来的に東南アジアで資源不足が懸念される中、新たな供給ソースの確保に努めています。
「海外加工機能の強化」として、北米のピーターパンシーフーズ社に、新たに紅鮭の冷凍品生産ラインを増設し、缶詰中心の生産から冷凍品も加工する能力を備えました。
水産専門での商品開発部門を強化し、寿司種やその他広範囲のシーンで消費者に提案できる商品の開発を更に加速させています。

決算説明資料 一覧

Links

関連リンク

TOP