3成長への挑戦

海が育むおいしさと栄養を届け、海を守る活動を推進するマルハニチロ

今から140年前、鮮魚仲買・運搬業として創業したマルハニチロ。以来、海の恵みを食卓へお届けするのみならず、グローバルトップの水産会社として、水産資源の持続可能性の保全に積極的に取り組んでいます。

海の恵みをさまざまな形で商品化し、食卓へお届け

1880

鮮魚仲買、鮮魚運搬業を開始

マルハは、大洋漁業初代社長となる中部幾次郎が鮮魚仲買運搬業を開始した1880年を創業とし、その後、遠洋漁業へと進出しました。1905年には、日本で最初の動力付運搬船を建造。これにより、それまで手漕ぎ船で運搬していた魚の流通に大きな革命を起こしたと言われています。一方のニチロは、同じく漁業会社として堤清六と平塚常次郎が「宝寿丸」で新潟港からロシア・カムチャッカへ出向した1907年を創業とし、ロシア付近でサケを漁獲するとともに、缶詰に加工して販売していました。この時代にマルハとニチロは“水産業のパイオニア”として近代漁業と水産加工の礎を築いていきました。

日本初の動力付運搬船「新生丸(しんせいまる)」

1910

ロシア・カムチャッカでサケ缶詰の生産開始

1910年、ニチロは、ロシア・カムチャッカに日本初の缶詰工場を建設しました。従業員10名、92日間で生産した704函が、現在に続く「あけぼの さけ」の原点です。また1913年には、当時最新鋭だった米国のサニタリー式自動製缶機と自動巻締め機を導入。サニタリー缶(衛生缶)の生産を日本で初めて行うとともに、毎分120缶という大量生産を実現。日本の缶詰業を近代化させる役割を果たしました。サケ缶詰誕生から100年余り。1910年の生産開始からほとんど姿を変えず、原料と製法にこだわり続け、今日もおいしいサケを食卓にお届けしています。

100年を超える超ロングセラー

1953

フィッシュハムソーセージ発売開始

1945年の敗戦で、マルハ・ニチロ両社はすべての海外拠点・船舶を失い、国外事業を禁じられました。国民は戦後の食糧難で、特にタンパク質不足が深刻でした。こうしたなかマルハは、1953年にフィッシュソーセージの本格生産販売を開始。当時の主な原料はマグロやクジラでした。この頃のフィッシュソーセージは1本130gで30円。卵1個が10円、コロッケ1個が5円という時代に、1本30円のフィッシュソーセージは高価な食べ物でしたが、貴重なタンパク源として、とくに魚の捕れない山間部で重宝されました。

動物性タンパク質が乏しい時代の貴重な栄養源

海と水産資源の持続可能性の保全に貢献

1953〜

養殖事業を開始

マルハニチロの養殖事業の歴史は、マルハが養殖事業を開始した1953年に遡ります。日本における海面魚類養殖の本格化とともにその歩みが始まりました。一方ニチロは、「サケのニチロ」の面目にかけて、どこよりも早くサケ・マス養殖を成功させたいという強い想いのもと、1970年頃から取組みを開始。そして幾つもの試行錯誤を経て、1975年、日本で初めて淡水産ギンザケから人工採卵を行い、受精卵を得ることに成功。その後2年に及ぶ商業化試験の結果、ギンザケ養殖の技術面、市場性の目処がたった1977年、ギンザケ養殖事業を本格的に開始しました。

※現在は、ギンザケの養殖事業は行っておりません。

出荷された養殖ギンザケと当時のポスター

2015

民間企業初の完全養殖クロマグロの出荷開始

マルハニチロが、クロマグロの完全養殖事業への挑戦を開始したのは1987年。天然資源の保全とクロマグロの安定供給という水産会社としての社会的使命を果たすべく地道な努力を続け、2010年、民間企業として初めてクロマグロの完全養殖に成功しました。2013年に事業規模での大量生産に目処をつけ、2015年に商業出荷を開始しました。現在は、欧州や中東にも輸出され、世界に広がる完全養殖クロマグロ。これからも一層の進化を続けていきます。

完全養殖クロマグロのブランド「BLUE CREST」

2020

養殖現場にAI・IoT技術を導入

養殖魚の尾数計数作業を自動化するAIトラッキング魚体計数システムを開発・導入し、ブリ・カンパチを養殖するグループ会社桜島養魚で運用を開始しました。難易度の高い、動きの激しい生きた魚の個体認識を、AIによる画像処理技術を応用することで可能にしました。これにより、人為的ミスの軽減や従業員の体力的負担の軽減といった効果に加え、労働人口の減少対策として小人数での養殖事業運営の可能性を追求していきたいと考えています。

AIトラッキング魚体計数システム

2021

クロマグロの育種改良に向けたパートナーシップ

完全養殖クロマグロの育種改良に向けて、国立研究開発法人水産研究・教育機構との連携のもと、育種技術開発をスタートしました。同機構は、国内唯一のクロマグロ親魚用陸上水槽や広大な野外飼育施設を用いて、完全養殖クロマグロに係わる開発基盤研究を行っており、我が国におけるクロマグロの育種分野における研究をリードしています。こうした組織との協働により、民間企業個社のみでは難しい技術開発を加速化し、クロマグロ人工種苗の開発を推進・リードしていきます。

クロマグロ親魚用陸上水槽

2016

海洋管理のためのグローバルなイニシアティブ SeaBOSへの参画

マルハニチロは、持続可能な水産物の生産と健全な海洋環境の確保を目的として設立されたグローバルなイニシアティブ「SeaBOS」設立時から参画し、伊藤会長が初代会長に就任しました。2020年10月、2年の任期を終えて離任しましたが、この間の取組みに対して、スウェーデンのVictoria皇太子から感謝の言葉をいただきました。

伊藤会長の想いを継ぎ、今後も世界の海洋資源の保全、IUUや強制労働などの課題解決に積極的に取り組んでいきます。

Victoria皇太子
SeaBOS設立を提唱した
スウェーデンのVictoria皇太子

伊藤 滋会長
伊藤 滋会長

ページTOPヘ

ページ上部へ