2独自の強み

~世界の人々の健康を支える
グローバルな一貫したバリューチェーン~

マルハニチログループは、100年以上にわたって培ってきた知見と財産を最大限に生かし、社会・環境とともに歩み、国内だけでなくグローバルなビジネスを展開し、食を通じて世界中の人々に「生きる活力」ー生命力に満ちたエネルギーをお届けしています。

世界最大規模の水産物サプライヤーとしての
圧倒的な水産物調達力

マルハニチログループは、漁業、養殖、買付から生産・加工、販売まで、日本国内はもちろん、世界中に独自のネットワークを構築し、安全・安心な水産物を安定供給。世界最大規模の水産物サプライヤーとして、多種多様な水産物を年間70万トン以上取り扱っています。
ここでは、当社グループが取り扱う水産物のほんの一例を紹介します。

マルハニチログループのキーワード

漁業アクセス権益

外国企業で唯一

1990年より外国船の操業規制が強化されているニュージーランドにおいて、マルハニチロは外資企業として唯一漁獲枠を保持しており、ホキやミナミタラ、アジを漁獲しています。

メロの漁獲枠

高級魚メロは南極海域で厳しい資源管理が行われています。マルハニチログループには、その南極海域において、オーストラリア経済水域の漁獲枠の約7割を保有する企業、また、日本が持つ漁獲権益を唯一利用している企業があります。

養 殖

グラフ:マグロ生産量

マルハニチロはクロマグロ養殖の先駆者です。2020年度は全国生産の約26%にあたる約4,760トンを出荷しました。

グラフ:カンパチ生産量

淡黄銀色と淡桃色が美しいカンパチも全国生産の約10%にあたる約2,840トンを出荷、トップシェアを誇っています。

※2020年4月〜2021年3月累計

買 付

グラフ:エビ

エビは世界各地から約40,000トンを輸入し、トップシェアを誇ります。

グラフ:タコ(西アフリカ産)

タコは主漁場である西アフリカから約6,000 トンを輸入、取扱量を拡大しています。

生産・加工

グラフ:スケソウダラ
グラフ:カニ類

世界でも有数の漁場である北米・アラスカにおいて、漁獲された水産物(スケソウダラやカニ類など)は加工したのち、北米、欧州、日本向けに販売されます。

※2020年1月~12月累計

冷凍食品

グラフ:お弁当向け
グラフ:やわらか食(冷凍)

安定した原料調達力と商品開発力、技術力を融合させ、付加価値の高い商品を提案しています。家庭用・業務用冷凍食品として介護食を含むさまざまなニーズにお応えできる差別化された商品を充実させています。

出所:

※1インテージ社「SCI(2020/4~2021/3)」
※2 2019年推定値(富士経済「高齢者向け食品市場の将来展望2019」より)

缶 詰

グラフ:サバ缶
グラフ:サケ缶

家庭用の常温・チルド加工食品は、水産缶詰、フィッシュソーセージ、カップゼリーなど多種多様な製品を取り扱っています。水産缶詰の中でもサバ缶詰、イワシ缶詰、サケ缶詰、カニ缶詰などは高いシェアを維持し続けています。

出所:インテージ社「SRI+(2020/4~2021/3)」

化成品・調味料乾燥食品

グラフ:DHA(健康食品用)生産量

DHAやコンドロイチンなど水産物由来の天然機能性素材の製造・販売をしています。それら天然機能性素材は、サプリメント、医薬品などの原料として利用されており各分野で高いシェアを誇ります。調味料乾燥食品は優れた設備・技術を持ち合わせており、顧客の細かいニーズに応え、年々シェアを伸ばしてきています。

※シェアの数値は自社調べ、無断転載を禁じます。

海外の主な拠点

図:海外の主な拠点

国内の主な養殖拠点

図:国内の主な養殖拠点

ページTOPヘ

ページ上部へ