印刷


地域社会とともに

海外での取り組み

「Fish for Kids Program」(ピーターパン シーフーズ社)

マルハニチログループの中で、アラスカ産天然ベニザケを最も多く取り扱うピーターパン シーフーズ社は、ベニザケを地元の方々においしく食べていただくための「Fish for Kids」というプログラムを行っています。

このプログラムは、地元の学校給食で出されていた、パン粉をつけただけの魚や養殖魚のフライのみに限られていた魚のメニューを改善することを目的として始まりました。地元の漁師の方々に参加を呼びかけ、漁獲したベニザケを工場でフィレー加工し、学校給食向けに無償で提供。給食のメニューが拡がり子どもたちに好評を得て、現在では、老人ホームや保育園などに拡がっています。

ベニザケを提供した時の様子(地元の生徒さん、シニアセンターの方々、ピーターパン シーフーズ社デリングハム工場長Tom氏(右から6人目))


社会・環境

CSR報告書2016

CSR報告書バックナンバー

知る・楽しむ マルハニチログループの食育関連サイト

CSRJAPAN

電子ブックで読む CSR図書館.net

CSRレポート 社会・環境報告書 エコほっとライン