印刷


地域社会とともに

寄付・寄贈

フードバンク活動への参画(マルハニチログループ)

食品業界では、安全に食べることができるにもかかわらず、さまざまな理由で流通が困難になった商品が発生します。こうした商品を、福祉施設・団体などへ無償で提供する民間団体の活動「フードバンク」が日本でも広がっています。

マルハニチログループは、福祉向上に寄与するだけでなく、食品廃棄物の発生を抑制する取り組みとしてフードバンク活動に協力しています。2014年度は、25回にわたり、冷凍食品など約4,550ケースをフードバンクの草分け的存在である特定非営利活動法人セカンドハーベスト・ ジャパンを介して、母子支援施設などへ寄贈しました。これらは、輸入検査のために数パック抜き取られ、ケース入数が不足した商品や、都合により販売が終了した商品などです。

配送の様子

漁船海難遺児育英基金への寄付(マルハニチロ)

マルハニチロは、毎年、漁船海難遺児育英基金への寄付を募り、募金を行っています。2014年度の寄付総額は、225,907円でした。2015年3月18日に、財団法人 漁船海難遺児育英会に上記金額をお渡し、感謝状をいただきました。

感謝状


社会・環境

CSR報告書2017

CSR報告書バックナンバー

知る・楽しむ マルハニチログループの食育関連サイト

CSRJAPAN

電子ブックで読む CSR図書館.net

CSRレポート 社会・環境報告書 エコほっとライン