印刷


地球環境のために

温室効果ガス排出抑制のためのエネルギー使用量の削減

目標と実績

マルハニチログループは、2014年度から2017年度までの4年間で、2013年度を基準年としてエネルギー使用量を4%以上削減することをグループ共通の目標に掲げました。

2015年度は、設備メンテナンス強化によるエネルギーロスの削減、設備導入など各社ごとの削減目標を設定し取り組みましたが、グループ全体のエネルギー使用量は、108,546キロリットル、2013年度比で1,357キロリットル(1.2%)の削減にとどまりました。

2017年の目標達成に向けて、進捗の遅れを取り戻すべく、さらなる省エネ活動を推進していきます。

  エネルギー使用量(kl) 削減量(kl) 削減率(%)
2013年度(基準年) 109,903
2014年度(実績) 104,945 4,958 4.5
2015年度(実績) 108,546 1,357 1.2
2017年度(目標) 105,506以下 4,397以上 4.0以上

活動事例

生産工場における省エネの取り組み (マルハニチロ北日本)

マルハニチロ北日本は北海道と青森県に6つの直営工場を持ち、主に缶詰・冷凍食品を生産しています。2015年度に行ったエネルギー使用量削減のための主な取り組みは以下のとおりです。

  • 各工場電灯のLED化による節電
  • エコウィンドウの導入による節電
  • フリーザー立上げ時間の短縮による節電
  • ボイラーの蒸気漏れ調査と補修によるエネルギーロスの削減
  • 廃水処理施設のブロアを省エネタイプ(ターボブロア)へ入替
  • 使用頻度の低い冷蔵保管庫について稼働の一時中断

釧路工場において新商品のラインが新たに稼働したことによりエネルギー使用量が増加した一方、十勝工場においてフリーザー立上げ時間短縮や、使用頻度の低い冷蔵保管庫の稼働を中止したことがエネルギーの使用量削減に大きく寄与しました。

これらの取り組みの結果、2015年度のエネルギー使用量は、2013年度比83.8%となりました。

ブロア:気泡を発生させる装置。気泡を発生させることで、廃水に含まれる有機物を分解するバクテリアの活性化を促す。

節電の取り組み (大洋エーアンドエフ)

大洋エーアンドエフ本社では、2015年5月から10月までのクールビズ、2015年12月から2016年3月のウォームビズを徹底したほか、執務室や会議室などの非使用時の消灯による節電を呼びかけた結果、2015年度の電気使用量は195,990キロワットアワーとなり、2013年度の231,274キロワットアワーから15%以上大きく削減しました。2014年度時点で、LED照明への変更により197,077キロワットアワーと削減目標をすでに達成済みでしたが、さらなる削減をすることができました。

漁業会社として初!「カーボン・ニュートラル」認証を取得 (オーストラル・フィッシャリーズ)

オーストラル・フィッシャリーズは、2016年1~12月の自社操業にともなうCO2総排出量を27,422トンと試算し、これを相殺するために西オーストラリア州にある小麦地帯におよそ190,000本の樹木を植えることを決定。この取り組みが「カーボン・ニュートラル」認証を受けました。この取り組みを、水産資源の安定供給につながるさらなるステップと位置づけ、今後はブランドロゴ『CN Fish』を商品に展開し、環境配慮商品の拡販を進めていきます。

カーボン・ニュートラル:事業において排出されるCO2総排出量と同量のCO2量を吸収する対策を打つことでCO2排出量をゼロにすることです。

『CN Fish』ブランドロゴ


社会・環境

CSR報告書2016

CSR報告書バックナンバー

知る・楽しむ マルハニチログループの食育関連サイト

CSRJAPAN

電子ブックで読む CSR図書館.net

CSRレポート 社会・環境報告書 エコほっとライン