印刷


従業員とともに

人材育成

能力開発制度・研修の整備

マルハニチロは、基礎能力・スキルの習得から専門性を高める学習まで幅広い教育研修体系にもとづき、従業員の1人ひとりの能力を高め、補完的なキャリア開発を支援する人材育成制度を整備しています。

必修の階層別研修は、キャリアの節目となる従業員が受講し、役割・責任に応じて必要な知識を習得します。選択研修は、各従業員が自主的に受講し、業務上必要とされる基礎スキルを学んで業務遂行能力を高めます。

また、これらの集合研修とは別に、各個人の自己啓発を目的とした自己啓発通信研修や資格取得奨励制度などをラインアップしています。さらに、職場全体で新入社員を育成していく新入社員OJTを制度化し、集合研修としてOJTリーダー養成研修やフォローアップ研修を実施しています。

2015年度に実施された階層別研修、選択研修などの集合研修に参加した従業員は、延べ1,021名でした。

マルハニチログループの能力開発制度に関するガイドブック

グローバル人材育成

マルハニチログループは、中期4ヵ年経営計画「Challenge toward 2017」において、「グローバル領域での収益拡大」という基本方針を掲げ、グローバル人材の計画的な確保・育成に継続的に取り組んでいます。海外でのビジネスに強い興味・意欲があり、かつ海外赴任が可能なマルハニチロの総合職社員を対象に、「グローバル人材育成プログラム」を実施しています。


社会・環境

CSR報告書2017

CSR報告書バックナンバー

知る・楽しむ マルハニチログループの食育関連サイト

CSRJAPAN

電子ブックで読む CSR図書館.net

CSRレポート 社会・環境報告書 エコほっとライン