印刷


従業員とともに

多様性の尊重

公正・公平な人材採用・登用

マルハニチロでは、多様性を尊重し、公正・公平な人材採用を実施しています。また、性別や年齢・勤続年数などにとらわれることなく、従業員1人ひとりが経験・技能を生かせるように能力開発を促進しています。

2016年4月入社の新卒採用は、マルハニチロで47名、グループ会社25社の採用者を合わせて合計92名です。

雇用関連データ(2016年4月1日現在)
  全体 男性 女性
正社員平均年齢 41.6歳 42.5歳 37.6歳
正社員平均勤続年数 16.7年 17.2年 14.5年

マルハニチロの原籍正社員を対象範囲としたデータです。

女性の活躍推進

マルハニチロは、家庭・育児と仕事の両立を支援しており、出産・育児にかかわる女性従業員の多くが「短時間勤務制度」「産前・産後休暇」「育児休暇制度」などを利用しています。

マルハニチロは、女性従業員のいっそうの活躍推進および女性管理職比率の向上に向けた行動計画を、2016年4月に策定・公表しました。今後は、本行動計画に則り、各種施策を推進し、目標達成をめざしていきます。なお、当社の行動計画は、厚生労働省のWebサイト上にも公表しています。

厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」公表項目
採用 採用した労働者に占める女性労働者の割合
(2016年4月入社予定)
30.8%
男女別の採用における競争倍率
(2016年4月入社予定)
男性 83.8倍、女性 127.9倍
労働者に占める女性労働者の割合
(2016年4月1日時点)
18.9%(本社採用正社員)
57.0%(上記以外の社員)
継続就業・働き方改革 男女の平均勤続年数の差異
(2015年12月1日時点)
2.8年
2005~2007年度本社採用正社員(新卒)の定着率
(2015年12月1日時点)
男性 82.5%、女性 61.6%
男女別の育児休業取得率
(2015年度実績)
男性 0%、女性 約100%
労働者の一月あたりの平均残業時間
(2015年1月~12月実績)
17.0時間
有給休暇取得率
(2015年1月~12月実績)
39.7%
評価・登用 係長級に占める女性労働者の割合(主任、副主任)
(2016年4月1日時点)
41.4%
管理職に占める女性労働者の割合
(2016年4月1日時点)
3.6%
役員に占める女性の割合
(2016年4月1日時点)
0%
多様なキャリアコース 男女別の職種または雇用形態の転換実績
・総合職からエリア職
・契約社員から正社員(本社・工場)
・派遣社員から契約社員
(2015年度実績)
男性 9人、女性 17人
男女別の再雇用の実績
(2015年度実績)
男性 14人、女性 1人
男女別の中途採用の実績
(2015年度実績)
男性 3人、女性 0人

女性社員リーダー養成研修

2015年8月に「女性活躍推進法」が制定され、マルハニチロは、女性の活躍推進に向けた行動計画を策定しました。しかし女性活躍推進事例はまだ少なく、女性管理職比率も低い状態にあるのが事実です。また、能力があっても将来のキャリアイメージがもちづらいことから、モチベーション向上が難しいといった女性社員の声を踏まえ、2016年度から、女性社員のキャリアアップの意識付けを目的とした「女性リーダー養成研修」の導入を決定しました。

第1回「女性リーダー養成研修」は、2016年11月に、マルハニチロの女性社員(課長補佐、主任クラス)20~25名程度を対象に実施する予定です。研修では、女性社員が講義や個人ワーク、グループディスカッションを通じて、下記の4点を達成することを目的としています。

  1. 働く環境を自らつくり出せる、自律型の人材を目指し、働く基本を振り返り、自己の現状を再認識する。
  2. 自らが、会社から期待されている立場であることと、自身の立場と役割を認識し、「さらに活躍する」ことを意識する。
  3. 仕事だけではなく今後の人生設計を通し、どのように仕事と向き合っていくのか目標設定をする。
  4. 仕事を通じて、自分は何を実現したいのかを明確にすることで、モラルアップ及びモチベーション向上を図る。

今後は、本研修を継続的に実施していくほか、その他研修においても女性社員のキャリアアップ支援に取り組んでいきます。

障がい者雇用の推進

マルハニチログループは、障がい者雇用を積極的に進めています。マルハニチロの2016年3月現在の障がい者雇用率は、1.80%でした。

障がい者雇用率推移
  2012年3月 2013年3月 2014年3月 2015年3月 2016年3月
法定雇用率 1.80% 1.80% 2.00% 2.00% 2.00%
マルハニチロ(株) 2.08% 1.80%
マルハニチロ水産 2.06% 2.33% 2.36%
マルハニチロ食品 1.87% 2.13% 1.90%

2014年4月に、マルハニチロホールディングス、マルハニチロ水産、マルハニチロ食品、マルハニチロ畜産、マルハニチロマネジメント、アクリフーズの6社が経営統合してマルハニチロ株式会社となりました。2014年3月以前の数値は、雇用義務のあったマルハニチロ水産、マルハニチロ食品の数値を開示しています。

高齢者雇用の推進

高齢者の安定した雇用確保が求められるなか、マルハニチログループでは改正高齢者雇用安定法にもとづいて、定年退職者を対象とした再雇用制度を導入しています。この制度は、60歳で定年退職を迎える方を、本人の希望などを確認したうえで引き続き雇用する制度です。2009年4月1日以降の60歳定年退職者は、65歳に達する日まで雇用しており、勤務地は原則として定年退職時の勤務地になります。

再雇用者の勤務形態はフルタイムとパートタイムの2つがあり、2016年3月末現在、この制度を利用している再雇用者は32名で、全員がフルタイム勤務でした。

今後も、定年退職者が培ったノウハウを生かして活躍できる職場を提供していきます。


社会・環境

CSR報告書2016

CSR報告書バックナンバー

知る・楽しむ マルハニチログループの食育関連サイト

CSRJAPAN

電子ブックで読む CSR図書館.net

CSRレポート 社会・環境報告書 エコほっとライン