印刷


トップメッセージ

久代社長

グループの再生と発展に全力かつ確実に取り組みます

135年前に創業した「マルハ」と108年前に創業した「ニチロ」が2007年10月に経営統合し、今日のマルハニチログループが形成されました。

100年を超える歴史の中で幾多の困難に直面しながらも、先人たちは企業を存続させ、継承してきました。

約160社におよぶ大企業集団をとりまく現在の環境も決して安泰なものではありません。私たちに影響を与えるリスクを伴った動きが世界的に目立って出てきており、私たちは否応なしにグローバル世界を意識せざるを得ない時代となっております。

このような環境の下にあっては、「今日を生きるために戦い」ながら「明日のために考える」ことが常に求められ、それら無くしてグループの成長はあり得ません。また、成長なくして、このグループを存続させさらに次世代へ継承するのは困難です。

マルハニチログループの基本ミッションは、「社会から必要とされる、本物・安心・健康な食を提供できる企業グループ」であることです。

この基本ミッションを果たすため、私たちは、企業として何のために社会に存在するのか、何を以って社会に貢献していくのかといった原点に立ち返りながら、グループの変革と改革を進め、長期的な発展の基盤を築いてまいります。

これからの、私たちの事業活動にご期待ください。

2016年6月

マルハニチロ株式会社
代表取締役社長
伊藤 滋